外見が素敵なことも大切ですが、最終的に男性が選ぶのは「中身の美しい女性」です。心で魅かれあうと、表面的ではない長い深いおつきあいもできます。

「性格美人」はこんな要素をもっている

人によって好みは違いますが、誰もが「いいな」と思うものは、意外に共通しています。当てはまるものがあるか、チェックしてみると面白いかもしれません。

1.うわさ話に参加しない
人の悪口や噂を言わない。もし周りがそんな話題で盛り上がっていても、その場を自然に離れるか、さりげなく違う話題をふる。そんな子は「安心できる、信頼できる」と思われるようです。

2.一人の恋人と長くつきあっている
誠実さや一途さを感じられる要素になります。

3.感謝やお詫びが素直にできる
何かしてもらったとき、すぐに「ありがとう」と言える。悪いことをしたとき「ごめんね」とちゃんと謝れる。一緒にいて気持ち良い存在です。

4.いつも笑顔を忘れない
いつも楽しそう、幸せそうな人は、そばにいてくれるだけで癒され元気をもらうものです。彼女なら、手放したいとは思わないでしょう。

5.相手によって態度を変えない。誰にでも公平に接する
個人的感情や主観でコロコロとリアクションを変えるのは「幼い」証拠。自分の芯を持ち、誰に対しても分け隔てなく接する女子はやはり魅力的です。

6.聴き上手
自分のことばかり話さずに、相手の話をしっかり聴いてくれる。様々な悩みなど親身に相手の立場になって耳を傾けてくれたら、男じゃなくてもぐっときてしまいます。

7.ものや人を丁寧に扱える
友達や家族を大切にしている。日用品や動植物を丁寧にやさしく扱える。やはりポイントが高いです。

8.背伸びしないで自然体
見栄を張ったり自慢をして等身大以上の女性を演出する。そんな相手では、一緒にいて疲れてしまいます。力が抜けて飾らない人は、相手もリラックスできます。

9.受容力のある人
誰にでも欠点はあるものです。そこを責め立てるのではなく、ありのままの自分を受け入れてくれる。いつまでも側にいて欲しい、と思ってしまいますね。

10.感謝の心をもっている
「自分が元気に暮らしているのは周りのおかげ」ということを知っている。あたり前のことを「当然」と受け取らないで、与えられた環境や出会った人たちに感謝できる女性は、文句なしに素敵です。

外見より内面を磨く努力をしよう

美肌やおしゃれなど、つい表面を磨こうと努力しがちですが、大切なのは内面です。心を磨くには、仕事や勉強、人間関係で多くの経験をつむことです。もし素敵な人だな、と思う先輩や友達がいたら、見本にして真似をしてみてください。

恋愛は「付き合えたらゴール」ではなく、付き合い始めてからがスタートです。素敵な恋をするために、大好きな人とたくさんの時間を積み重ねていけるように、内側を意識してみましょう。

悩みはいつまでも引きずらずに解消することが大事です

脳を休養させる為に仮眠を取って下さい

毎日とても忙しい事もあり満足に睡眠を取る事も出来ない、また毎夜テレビを見過ぎて寝不足である、その様な時は集中力もなくなりイライラ感も多くなってくるかもしれませんね。

それゆえ脳を休養させる為にも仮眠をよく取って下さい。

その時間ですが、例えば仕事が一息ついた後の15~20分ぐらいがいいかもしれませんね。

またその時は30分以上するのは止めて下さい。

熟睡してしまい目覚めもよくなくなります。

この仮眠の時はベッドや布団ではしないで下さい。

そのまま起きない事もあります。

理想的なのは椅子に座ったまま目を閉じる事です。

または机に伏せたりするのもいいかもしれませんね。

それによって熟睡を回避出来るものと思います。

すぐに起きられる体勢でして下さい。

その時は例えば耳栓をしたり、またアイマスク等をして脳に刺激をもたらす事がない様にして下さい。

脳が休まないと仮眠も出来ません。

そしてその時はアイマスがとても効果があるかもしれません。

また起きた時は顔を洗い、冷水飲んで身体に刺激を与えて下さい。

また昼間であれば太陽の下に出るのもいいかもしれませんね。

職場での意外な熱愛の話

自分の身近な人間関係でも、意外に知らないことってあるものです。

私の職場でも、自分が所属していた仲の良かったグループで思わぬ事実が判明したときにはびっくりしました。

自分の実感としてはそのグループの中では、特に恋愛に熱中している人なんてなかったと思っていたのですが、あるときその中の一人が会社を休みがちになったのをきっかけに、実は他部署の人と熱愛中なのだと打ち明けられたんです。

最初は体調不良だと聞いていましたが実はその相手と二人で旅行に行っていて、しかもその間の性的に大胆な内容まで聞かされたので、まさかこの人がと思いつつも耳を傾けていました。

いつもの私には縁がないような、まるで週刊誌にでも乗っているかのような刺激的な内容だったので、こんな話って本当にあるんだと興味深かったです。

自分にもこんな風な大恋愛をする機会がやってくるのだろうか友喜になってきました。

さすがに仕事に支障をきたすくらいまでにはのめりこむのはやめておきたいですね。

テリトリーの個人差について

誰でも自分のテリトリーを持っていて、普段は意識的に確認されるほどではありませんが、一定の範囲内に見知らぬ人や好ましくない人がいるとやはり落ち着かない気分になってきます。

逆に自分が良い意味で気になる人であればテリトリーにはむしろ積極的に入ってきてほしいと思いますね。

自分が心理的にどのくらいの範囲のテリトリーを持っているのかは個人差がありますが、電車の中では流石に誰もが窮屈に感じてストレスでいっぱいになるでしょう。

男女によってテリトリーの感じ方の差も異なってくるようで、女性の場合は横に人がいると特に気になり、男性の場合は自分の後ろに立たれると落ち着かない傾向が見られます。

人づきあいの時にも、他人のテリトリーを意識しながら、適度な距離感を保ち続けていきたいところですが、これも考えてみればなかなか難しいテクニックです。

人によって感じ方も違えばテリトリーも違うので、人それぞれに付き合い方を変えてみましょう。

視線にはどんな心理があるのか

キレイな女性や可愛い女性がいると男性はつい目が行ってしまいますが、そんな時にその人と目が合うと気まずさや恥ずかしさを感じるでしょう。

知らない人とずっと目を合わせていると気味悪がられたり、男性から女性に視線を送っている場合にはあらぬ誤解を受けたりもするので、あいてが知っている人でない限りは目が合ったらすぐに見ていないふりをして、視線を逸らしたほうがいいですね。

The recommendation site
きゅきゅっと小町でめぐりサポート
美脚や小顔を手に入れたいならこちらの商品を是非お試しくださいませ♪

あいてが知っている女性だったら、そのまま目をそらすとかえって失礼にあたるので、軽い挨拶的な感じで目で会釈をしたりとか、爽やかな笑顔を軽く向けてみると気持ちの良い空気が産まれます。

視線を感じるときは相手から好意を向けられていると勘違いしそうになったりもしますが、女性から男性への目線の時はそうとも限らないのでややこしいところです。

男性が女性を見ているときは、好きというよりは女性の容姿や服装などが単純に気になっているからではないでしょうか。