陰茎硬化症について

陰茎硬化症になってしまう原因は?

陰茎の部分に何かしらのしこりができてしまう、陰茎硬化症という症状があるのです。

しこりが増大することによって、陰茎部分が曲がってしまい、それがEDや性交障害などを引き起こしてしまうのです。

陰茎硬化症になってしまう原因ですが、詳しいことは分かっていません。

ただ、少なくとも生活習慣病が大きく関わっていると言われています。

肥満

特に、糖尿病や肥満、高血圧や狭心症などが大きな要因だと言われています。

また、飲酒や喫煙も原因だと言われているので、これらをしっかりと見直すことが、今現在の改善方法だと言えるのです。

EDと同じように、陰茎硬化症は年齢を重ねるほど発症しやすくなると言われています。

日本人の場合は、発症率は1%にも満たないと言われていますが、近年の欧米文化の普及により、発症率は増加すると言われています。

いずれにしても、普段の生活習慣を見直すことと、少しでも異変を感じたらすぐに病院で診療してもらうことが大事になってきます。