陰茎硬化症について

陰茎硬化症になってしまう原因は?

陰茎の部分に何かしらのしこりができてしまう、陰茎硬化症という症状があるのです。

しこりが増大することによって、陰茎部分が曲がってしまい、それがEDや性交障害などを引き起こしてしまうのです。

陰茎硬化症になってしまう原因ですが、詳しいことは分かっていません。

ただ、少なくとも生活習慣病が大きく関わっていると言われています。

肥満

特に、糖尿病や肥満、高血圧や狭心症などが大きな要因だと言われています。

また、飲酒や喫煙も原因だと言われているので、これらをしっかりと見直すことが、今現在の改善方法だと言えるのです。

EDと同じように、陰茎硬化症は年齢を重ねるほど発症しやすくなると言われています。

日本人の場合は、発症率は1%にも満たないと言われていますが、近年の欧米文化の普及により、発症率は増加すると言われています。

いずれにしても、普段の生活習慣を見直すことと、少しでも異変を感じたらすぐに病院で診療してもらうことが大事になってきます。

喫煙と性

喫煙はEDに大きな影響を与える

ED

EDを発症している人の多くは、喫煙者だと言われています。

喫煙は、様々な病気のリスクを引き起こすと言われていますが、EDに関しても喫煙することによって発症しやすくなってしまうのです。

知っている人は思いますが、タバコにはニコチンが含まれており、そのニコチンが血液の流れを悪くするのです。

それがEDを発症しやすくし、EDのにならず動脈硬化や心筋梗塞のリスクを高めてしまうことになるのです。

もちろん、タバコを吸う量も大きく影響します。

1日に1本や2本程度であれば、まだそこまでリスクは高くないのですが、1日に10本や1箱も吸うような人だと、EDを発症するリスクは急激に高くなってしまうのです。

しかも、喫煙によって受精能力の低下であったり、精子に含まれるDNAにも悪影響を与えると言われているので、生まれてくる子供にも悪影響を与えてしまう可能性が高くなってしまうのです。

では、どうすればいいのかと言いますと、もちろん1番は禁煙をすることです。

ただ、禁煙がすぐにでもできるのであれば、誰も苦労しないと思います。

ですから、すぐに禁煙をすることはできなくても、少しずつタバコを吸う本数を減らしたりして、タバコを吸いたい気持ちを少しずつでも抑えるようにしましょう。

防犯カメラには注意して下さい

例えばスーパーやコンビニ、また書店やマンションなどにはたくさんの防犯カメラがあります。

そして店舗などではこの防犯カメラの活躍によって万引き犯を捉える事も可能になってきます。

このマンションや駐車場での窃盗も多くなっています。
その様な犯罪がない社会が理想的になってきますが。

しかしこの犯罪は毎日起こっています。

もし事件が起これば防犯カメラの映像によって捜査をする事もあります。

この防犯カメラはいつも監視をされている様な感じになってきます。

しかしそれも仕方のない事かもしれませんね。
またカラオケ店の様な個室でも防犯カメラがあります。

それゆえ多くの方はそれを意識しているのかもしれませんね。

その設置理由は、例えば迷惑行為の防止やいろいろな物の持ち込みを監視する為だと言う事です。
この様な防犯カメラの存在を知らないで、カラオケやデート、また合コンに行ってセックスをすればとても恥ずしい思いをするかもしれません。

セックスのアンチエイジング効果

セックスと若々しさの関係

セックスを日常的にしている人は、若々しく見える人が多いです。

しかし、なぜセックスをすることで、若々しく見えるのでしょうか。

セックス

セックスをすることによって、性ホルモンが活発化するのです。

それによって、他の部位のホルモンに刺激を与えて、それが美肌効果であったり新陳代謝を良くしたりするのです。

また、ストレスホルモンもセックスによって解消されるので、脳細胞も活性化されるのです。

つまり、セックスをすることによって様々な相乗効果を得ることができるのです。

それで若々しさにも繋がっていき、健康面にも良いと言われているのです。

しかし、どうしても年齢を重ねることによって、精力が弱まっていく人も多いですし、なかなか思うように勃起できない人も多いのです。

これは、EDに陥っている可能性もありますが、どちらにしても年齢と共にセックスへの意欲は減退してしまうものなのです。

でも、そのような時にセックスをしてこそ、本当の意味で若々しさを保つことができるのです。

今では、ED治療薬は豊富に存在しますし、病院だけでなくネットでも簡単に購入することができます。

ですから、EDだからと言って諦めないで、ED治療薬で昔の精力を取り戻すようにしましょう。

精力さえ保つことができれば、50代になっても60代になっても、いつまでもセックスをし続けることができるのです。

セロトニン不足

EDの人が増えている1つの要因

ここ最近では、若い人のEDも増えている状況で、もちろんED患者全体の割合も増えていると言えます。

その要因の1つに、今の社会があると思います。

ストレス

EDというのは、ストレスも1つの大きな原因だと言われています。

今の日本社会を見てみると、残業が多く、有休もロクに取ることができず、それでいて給料は安月給と、正直かなり厳しい社会状況だと言えます。

それがストレスの元となってしまい、結果的にEDを引き起こしてしまう要因になってしまうのです。

しかし、だからと言って仕事を辞めるわけにはいきませんし、今の不況の状況では仕事を選ぶのも難しいので、大半の人がストレスを抱えながらも我慢して働いているのです。

ですから、今の日本社会をなんとかしない限りは、ED患者数を減らすことは難しいと思います。

しかも、仕事の方が忙しくなると、今度は不規則な食生活や運動不足を招いてしまい、それもEDの要因となってしまうのです。

小手先だけの対策では、多少は減らすことはできても、すぐにまた元通りになってしまうだけだと思います。

花粉の季節も大丈夫

花粉症対策の薬とED治療薬について

ED治療薬というのは、基本的に他の薬と併用して飲むのはリスクが高いと言われています。

特に、日常的に薬を摂取しているような人は、特に注意が必要だと言えます。

さて、毎年春の時期になると、花粉症に悩まされる人も多いかと思います。

花粉症

人によっては、花粉症対策の薬を飲んでいる人もいるかと思います。

そうなると、花粉症対策の薬と、ED治療薬を併用して飲むのは、やはりダメなのでしょうか?

これに関しては、基本的には併用をしても大丈夫だと言えます。

花粉症対策の薬は、強い劇物などを含んでいませんし、言ってみれば栄養剤の延長のものが多いです。

ですから、少なくとも花粉症対策の薬を飲んですぐに、ED治療薬を飲むようなことさえしなければ、ほとんどリスクはないと言えるのです。

もし心配なのであれば、医師に相談するか、ある程度間隔を空けてから服用すればいいかと思います。

ちなみに、元々ED治療薬は少なからず副作用を伴うものなので、別に花粉症対策の薬を併用しているから、頭痛やめまいなどの症状が出るわけではないのです。